昆虫を育てていくのに、どんな条件が必要なの?

初期費用はいくらくらいかかる?

昆虫のブリーダーになりたい場合、初期費用はどれくらいかかるところなのかも気になりますよね。
飼育しようとする昆虫にも多少よりますが、虫を捕まえるための道具、飼育のためのかご、餌、などが基本的な準備物ですが、これ以外にも室温を保つための電気代や虫を捕まえる場所へ行くための移動費、つまり交通費もかかります。
4、5匹であれば数千円で済むかもしれませんが、昆虫の卵はたくさん産まれますのでその中の何割かでも成長すれば、昆虫の飼育数は一気に増えます。
それに伴ってケージを追加購入したり、それに合わせてエサ皿を購入したり…と費用は増えていきます。
昆虫だからといって、ただでいくらでも増やすことができるわけではないんです。

どうやって収入にするの?

繁殖させた昆虫はどうやってお金に換えるのでしょうか?
一つ目は販売店に流通させるという方法です。いわゆる卸すというやつです。店頭での販売価格の数分の一が卸価格となりますので、卸金額はそこまで高値にはなりません。
二つ目は自分で販売するという方法です。ホームページなどを作ったりして、直接お客さんと売買を行います。こちらの方法の方が販売店に一度卸すよりも、一匹当たりの価格は高くなります。
あとはオークションで販売するという方法があります。最低価格を決めて買い手に買値を決めていってもらう方法ですが、希少価値が高い昆虫などは大変高い価格が付くことがあります。
ただ個人で直接売買、特にオークションでは目の前にお客さんがいるわけではありません。どうやってその昆虫をお客さんの手元に届けるかもしっかり考える必要があります。


この記事をシェアする