>

新品を使うのは勿体無い

リサイクル品(中古品)の利用

リサイクル品(中古品)は、新品と比べると非常に安い値段で手に入れることができ、大体元値の70%から、安いものでは40%ほどで購入することが可能です。
もちろん一度他の誰かが使用したものなので、汚れがあったり、傷があったりなど、俗に言う使用感はもちろんあります。
なので「潔癖症でどうしてもそのような使用感があるものは無理」という人は仕方がないので新品を買うしか無いと思います。

しかし今では中古と言っても、殆ど新品同様に近いものも多く有るので、昔に比べると中古品に対する抵抗は小さくなっているのではないかと思います。
ですので、
最近では簡単に通販でリサイクルの家具なども購入できるですごく便利になっていますし、中古品は嫌だと毛嫌いするのではなく、一度中古品をネットや店(最初は店で直接見るようにし、なれてきたらネットで注文するのがおすすめ)で見てみてはいかがでしょうか。

リサイクル品(資材利用)の利用

中古で入手したものをそのままの形で利用するのもありですが、「自分の思うような部屋の雰囲気に合わない」と思うような家具ももちろんあると思います。
そんなときは是非自分でリメイクしてみてはどうでしょうか。

簡単なことから言えば、色を塗り替える。
色を塗り替えるだけで案外家具の雰囲気も大きくかわり、案外自分の思うような雰囲気の家具に変えることができると思います。

また工作に慣れている人であれば、前述のように本棚の棚板を利用して小物入れを作ったりするなど、中古の家具を1つの材料として捉えていろいろなものを作るのも良いかも知れません。

もちろん様々な工具が必要になる場合もありますが、最近ではホームセンター等で無料で工具が使用できるスペース等があるので、よほど難しい作業を行う場合では無いときはぜひそのようなスペースを利用してみてはどうでしょうか。


この記事をシェアする