通販のリサイクル品を使って簡単!お部屋の気分転換

新品を買うなんてもったいない!

新品を使うのは勿体無い

リサイクル品にも単純な中古品もあれば、中古品を1つの資材として再利用したものなどいくつもの種類があります。 ここではリサイクル品をどのように利用リメイクするのか。 そして中古という言葉に抵抗がある人に対してどのように受け入れてもらうのかなどについて記載します。

気分転換の重要性

単に「気分転換」というと、所詮気分転換だろうと言う人も多いと思います。 しかし世間の人が思っている以上に気分転換は重要なことであり、日々の忙しい生活の中に気分転換を取り入れるのはなかなか難しいと思います。 そこで自宅を気分転換の場所にしてみてはどうでしょうか。

通販のリサイクル品を利用した模様替え

通販のリサイクル品と言えば、近年ではメルカリが有名で、誰でも簡単に出品者にも購入者にも成ることができます。 もちろんメルカリは出品者と購入者の信頼関係の中で成り立っており、安心です。自分もメルカリをよく利用して模様替えするので、ここでは例を挙げながらお話したいと思います。

リサイクル品の有効利用

お部屋の模様替えをしたいと思った時、みなさんはどうしますか。
まずネットの通販サイトや、家具屋、あるいはホームセンタ−に行くという人が多いのではないかと思います。

しかし家具などを購入する場合はもちろん、ホームセンターなどで買ってきた材木などを使ってDIYしたとしても、どうしてもそういう場合には多くのお金がかかってしまいます。
たった1つのものを購入してもお部屋の模様替えは完了しない場合が多く、基本的に模様替えをしようと思うと多くのものを買わなければなりません。
この時にすべて新品を買うならば、なかなか高額なお金がかかってしまいます。
そのせいであまり模様替えに乗り気ではないという人も多いと思います。

しかし自分は新品ばかりを使わなくてもいいのではないかと思っています。

「中古品」という言葉を聞くと、「誰かが以前使用したものだからいやだ」という印象を持つ人も多いと思います。
しかし「リサイクル品」といえばどうでしょう。
なぜか少し「誰かが使用したもの」という印象が薄れませんか?(自分の勝手な印象ですが)
そのためか最近はよく中古品のことをリサイクル品という場合が多くなっているような気がします。

ただリサイクル品というのはただ単に中古品であるという意味だけではなく、一度使われた家具や電化製品の部品の一部を使った製品というような意味があることを忘れてはいけません。
家具の木材を再利用して作られた額縁や、本棚を利用した小物入れなどがよくあるリサイクル品でしょうか。

今までは全く興味の無かったリサイクル品でも、一度使用を考えてみてはどうでしょうか。